石黒社会システム研究所の名前の由来

当研究所は何故「石黒社会システム研究所」なのでしょうか。

私が人間社会の成り立ちや社会の仕組みに興味があり、長年社会の動きを観察してきた行為を表すのに相応しい言葉を探していて思い付いたものです。

世の中に社会システム論(社会の動きをシステムになぞらえて解釈する理論)というものがあり私の興味の対象が社会の動きなのである意味社会システム論に即しているのではないかと考えました。

当研究所は実際にはコンピュータシステム構築のちょっとしたお手伝いをするだけですので、社会全体をシステム的に解釈をするといった大それたことを考えている訳ではありません。ちょっとした遊び心です。

例えばレストランに行ったとき良い店だとか悪い店だとかは何で判断しているのでしょうか。私の場合は、フロアマネージャーがちゃんと客の様子を見ているかとか、担当のウェイター、ウェイトレスがタイミングよく料理を運んでくるかとかを観察して判断することが多いと思います。これを社会システム論的に捉えるとレストランが一つのシステムで、そのサブシステムがフロアマネージャーであり、ウェイター、ウェイトレスです。良い店はシステムとして効率よく働いています。悪い店は個々のサブシステムがバラバラで動きがうまく連動しないので客がいらいらするケースが多々あります。

システム論で捉えると個々の店の違いが同じ尺度で見えてくるので考え方として気に入っています。

コンピュータシステムでも同じように考えると分かり易いのではないかと考えています。会社というシステムは営業、設計、製造、財務などの業務システムで構成され業務システムの一部を支援するコンピュータシステムがあると考えれば全体として一貫した考え方ができるのでコンピュータシステムの位置付けがはっきりすると思っています。

当研究所の名前は大袈裟ですが社会システムの小さな一部のコンピュータシステムを扱うことで社会システムに貢献したいという思いで付けた名前が「石黒社会システム研究所」です。


最新記事

すべて表示

価格の安さについて

石黒社会システム研究所がシシテム開発費を安くしている理由 はっきり言って採算度外視です。 このビジネスモデルが上手くいけば経費は何とか確保できる見込みの価格設定をしています。 本当に採算を考えたら残念ながら一般のソフトハウスの価格である1ヶ月当たり100万円の費用を請求させていただくことになります。 それは小企業や個人でITシステムを組むのは殆ど不可能であることを意味しています。 世の中この先IT

小さいシステムとは

石黒社会システム研究所が掲げる小さいシステムとは何でしょうか。 世の中のシステムと言われるものは一般に大規模です。例えば銀行のオンラインシステム、JRのみどりの窓口システム、Amazonのショッピングサイトなど。これらは日本あるいは世界中で.一日に数百万人がアクセスするようなシステムです。このようなシステムを当研究所では大きなシステムということにします。 一般に世の中にあるソフトハウスはこういった

©2019-2020 by 石黒社会システム研究所. Proudly created with Wix.com

商標等の説明

石黒社会システム研究所:商標登録 登録商標第6210981号

ish-study:商標登録 登録商標第6210980号

その他

​海老名市商工会議所会員

写真、イラストにつきましてイラストAC、写真素材 足成、ぱくたそ(PAKUTASO)のフリー素材を利用させて頂いています

cookieについて